Img_af282fb3ae36398c15c32bf355cb592f
その闇の先に何かがあるらしい。
表面上は闇であり、その闇は平坦な闇でしかない。
闇の奥行を知るにはその闇に手を触れなければならない。

ー感触は?
「温かい。春の洗濯物みたい。」
ーへえ
「痛みを感じる。かすかに。」
ー痛み?
「鈍痛に似た、何か」
ー何かがいる?
「暗闇が。」
「確かに。」「温かい。」
ー感触は?
「その奥にある。何か。」
ー痛みは?
「あなたも触ってみたら如何ですか?」

段々と私は闇の奥を本当に知りたいのか分からなくなってくる。
その痛みは必要な種類のものなのか。
その触らないと分からないその痛み。

ただ、私は後悔はしていない。
少なくともその痛みを知ることが出来た。

風がいつもよりも暖かく感じる。
産まれたての山羊のように肌が敏感なのだ。



10/30(SUN)17:00〜

BGM select
宮﨑優子
小俣晴紀
関龍太郎
原田雅之(CAFE BARNEY)

No Chargeの通常営業スタイルですので、お気軽にお越し下さい。